【自分らしく輝いて生きる!】音叉ヒーリングサロンお客様の声

2022/12/26

自分らしく輝いて生きる!

清水 涼介さんからのお繋ぎで

彼女に初めてお会いしたのは

今年の4月でした

 

 

 

その時は既に余命を

伝えられないくらいの末期の癌でした

 

 

 

全身の骨は既にスカスカでもろく

少しのショックでも骨が潰れて

寝たきりになる恐れがあるので

トイレに行くのも

車椅子での移動でそーっとゆっくり動く感じでした

 

 

 

ほぼ毎日オンラインで

体調をお聞きして遠隔ヒーリングをしたり

何度か自宅にもお邪魔して

音叉ヒーリングを受けて頂いていました

 

 

 

そしてお母様

弟さんともお会いして

グリーフケアをして参りました

(グリーフケアとは

患者さんが亡くなった後から開始するケアだけではなく

療養生活を送っている間から終末期

臨終期、看取り後と通して関わることです)

 

 

 

 

8ヶ月の間には彼女に寄り添い

やりたいことや行きたい場所など

ヒヤリングをして深く寄り添って参りました

 

 

 

一番の思い出は

10年間ご自分の気持ちを伝えられず

片思いだった男性になんと!告白してデートまでしました

 

 

 

時間を忘れる位

デートを約束するまでの戦略を

2人で練った思い出は忘れられません

 

 

 

私にとってもこの思い出は

学生時代に戻ったみたいに

キラキラした宝物になりました

 

 

 

彼女から最後には

『色々な方にお繋ぎを

提案されましたが

誰とも会いたくないと思っていた中で

理梨香さんには何故か会ってみたいと思い

深くお付き合いをして頂いて本当に良かった!

私の話を毎日聞いてくれて

遠隔ヒーリングや

音叉ヒーリングのおかげで

癌の辛い痛みも楽になり心から感謝しています』と

笑顔で仰ってくださって。。。

 

 

 

 

お母様にも

『縁もゆかりもないのに

毎日娘に寄り添ってくださって

本当にありがとうございました』と

涙ながらにお礼の言霊を頂きました

 

 

 

 

私の方こそ

癌の末期の方と毎日寄り添い

ヒーリングのアウトプットも

細かく頂き色々と学ばせて頂けた事

心より感謝致します

 

 

 

 

彼女はよくバレリーナとしての画像を

私に観せてくれて

『またいつの日か

大好きなバレエをして

自分らしく輝いて生きるんだ!』と

笑顔で仰っていました

 

 

 

 

きっと今頃は天国で

大好きなバレエを踊っていることでしょう

 

 

 

いつの日かその姿を観るのが楽しみです

 

 

 

お身体からのメッセージを聴いてみませんか?

https://la-venus.jp/menu/healing/