心の掃除について

2021/03/26 ブログ

 

心の掃除について


 

 先日家相(風水)の先生とのご縁が繋がり勉強させて頂きました

 

 

その話のひとつに

僧侶の修行は掃除が基本ということをご存知ですか?と聞かれました

 

 

 

僧侶の日頃の修行として、

作務(さむ)掃除

勤行(ごんぎょう)読経・座禅学門(がくもん)お経やその他の勉強と言われています

 

 

まず、一番が作務(掃除)です

 

 

それは

「掃除に始まり、掃除に終わる」といわれていて

 

 

掃除とは自分の心を掃除する事にも繋がっているということを悟ることです

 

 

そんな話を聞いていたら

息子を思い出しました

 


 

心の掃除について

私はいつもそばで学ばされている!と感じています

 

 

 

その学びは私の息子からです

 

 

 

小さい頃から床の拭き掃除のお手伝いをしてくれる優しい息子で

 

 

息子のお手伝いのおかげで

サロンルームの床はいつもピカピカなんです

 


 

小さい頃からお手伝いとして

掌をしっかり床につけて拭いている姿は素晴らしいです

 

 

仏教系の幼稚園での教育が4歳の頃からずーっと彼に生きていて、

拭き掃除の姿、座禅の姿をみると

私も学びを頂いているなぁと感謝しています

 

 

私もつい先日一年間お世話になった場所の床を感謝の気持ちを込めて拭き掃除をさせて頂きました

 

 

綺麗に磨き続け、終わることのない掃除に親子で感謝をして

幸せになろうと思いました